日記・・なのです。


by hikagenokazura
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

かずらはうす存続

a0032298_273534.jpg

朝早く、大家さんが訪ねて来た。(・・らしい)
しばらくして、けたたましい声と足音を立てながら奥方が僕の寝室に駆け込んで来た。
「ニュ-ス!大ニュ-ス!!」
昨日長男の子供が生まれたばかりだと言うのに、一体それ以上の何が大ニュ-スなんだと思いながら不機嫌そうに聞いていると、「引っ越さなくて良くなったんだって!長く居てくださいねだってさ!!」思わずほっぺたを抓ってみた。痛かった。
何でも、大家さんの長男が越して来る話が立ち消えになったらしい。心配かけて申し訳ないと何度も繰り返していたそうだ。ほっとした。家族全員が飛び上がって喜んだ。友人にもすぐに知らせた。とても喜んでくれた。かずらはうす存続だ!
犬が大きくなって、しかも室内で飼っていることから家賃は1万円値上げされたけれど、それでもこの環境は捨てがたい。後日新しい契約書が届いたらすぐに判を押して更新しよう。ファイナルの筈だった「お庭でバ-ベキュ-」もまたやれるぞ!ライブの打ち上げパ-ティ-は庭でやるか?(1月・・寒いかな)
昨日今日と、ホットなニュ-スが飛び交った我が家。笑顔が絶えなかった。幸せ。。
[PR]
# by hikagenokazura | 2004-11-10 02:34

11月8日

a0032298_192748.jpg

遂に・・この日が来てしまった。恐れおののいたこの日が。。。
長男の第一子、翼が誕生して僕はとうとう「おじいさん」になってしまったのだ。
「初孫」だの「おじいちゃん」だの、耳を刺激する言葉が周囲から飛び交った一日だった。
仕事中にリアルタイムの写メが数枚届くのを見ているうちにヤル気が失せ、挙句祝福の言葉の中に前述の「禁句?」を連呼され、気恥ずかしくなって早退させていただいた。
病院に着き、新生児室のガラス越しに「赤子」と対面したけれど、たぶんだらしの無い顔で見つめていたんだろうなぁ。他の男性の皆さんの顔を見ていてふと思った。日本男児は笑顔が似合わない。(と言うより、ぎこちないのだ)笑い方、喜び方が下手くそなのか、女性のような自然な笑みを浮かべた表情に乏しい。女性であれば甘い物を前にしたとき、可愛らしいものを発見したときなど「うわあ~~♪」と云う瞳の輝きが在るものだが、男性はと言うと「ニヤニヤでれでれ」するだけで締りが無い。時として顔が引きつっていることもあるくらい、喜びの表現力には欠けているのだ。もしかして今日の僕もそうだったのでは・・と考えると、ちょっと背筋が寒い。
たとえばこの奥方の写真、実に幸せそうで嬉しそうだ。孫が生まれたことを率直に喜んでいる。(どうやら女性は、おばあちゃんになることが嬉しいようだ)ところが僕の場合だと喜びの反面困惑も生じて、もし同じ構図で写真を撮ったとしたなら、きっとはにかんだ笑みを浮かべていたに違いない。(孫を抱いた写真なんて絶対に公開しないゾ!)
・・と、屈折した人生そのままに、誕生を祝うべく今日の日記が「観察日記」となってしまい自分で唖然としてしまった。(へそ曲がりだからね)
この場を借りて、祝福のメ-ルを送って戴いた大勢の皆さんに感謝!母子共に元気です。
[PR]
# by hikagenokazura | 2004-11-09 02:03

何やってんだか・・

a0032298_2153881.gif

あ~~楽譜起こさなきゃならないのに、他のことで時間を喰っちまった。
なかなかねぇ、面倒な作業を始めるのは容易なことじゃない。
慣れないことに手と頭使うと肩が凝るしさ。
どうしよう、新曲を日曜までに仕上げなきゃ・・(汗)
今夜は遅いから明日にしようか、けど間に合うのかなぁ。。(焦)
バンドメンバ-に告ぐ!
下のリンクから無料の【Score Magazine Reader】をインスト-ルしておくべし!!
楽譜ファイルの閲覧/印刷と、MIDI演奏が出来るソフトなので便利・・だと思う。
いや、書き込み用のソフトをオンラインで買っておいても損にはならないぞ。
なんたって税込み¥1050だからね、何かの役には立つ・・筈だ。
僕が書いたファイルをメ-ルで送る、サクッと開いてプリントする。
ほおら、自主練習には持って来いじゃないか。ね?
・・効果の程は、僕がどの程度の譜面を作れるかにかかっている。
問題はそこだ。頭痛くなってきた・・おお~い、タムちゃぁ~ん!(泣)

Score Magazine
[PR]
# by hikagenokazura | 2004-11-06 02:39

かずらはうすファイナル

a0032298_223276.jpg

3日の祝日、かずらはうすに十数名が集まってバ-ベキュ-の会が催された。
庭先でこんなことが出来るなんて、借家とは言え恵まれた環境だと思う。賑やかに、そして旺盛な食欲で肉や魚に舌鼓を打ちながら日暮れ時まで楽しい時間を過ごした。
大家さんの家庭の事情から、急に明け渡さなくてはならなくなったこの家・・ショックを受けた当初は中止しようかと考えたこともあったけれど、奥方の「最後だから思い出にしようよ」の一言で予定通り行うことになった。その日撮った、たくさんの写真を一枚一枚見ていると、やって良かったと思う。みんなとてもいい顔をしている。
わずか2年ほどの間だったけれど、この家にも何人もの人間が訪れては泊まっていった。最大で10名ほどが一度に泊りがけでやって来たこともある。そのひとつひとつの思い出が、ふわふわと浮かんでは消えて行く。温かないい家だったに違いない。集まったみんなの楽しそうな顔を見ていると、申し訳なくてその日は何も言えなかった。「またおいでよ」なんて言いながら、「どこに?」と自問していた。ごめん、ライブが終わった頃には引っ越さなきゃならないんだ。バ-ベキュ-は、かずらはうすでのファイナル・イベントになるだろうな。・・ここで伝えるのもちょっと気が引けるんだけどね。
[PR]
# by hikagenokazura | 2004-11-05 03:01

楽譜

オンラインで楽譜制作ソフトを購入した。
Score Magazineと云う極めて一般的な物だけれど
安いからとりあえず買っておいた。(使えるのかな?)
税込み¥1050、ベクター・レジ・サービスのコンビニ払いにしてみた。
インスト-ルしたのは10日ほど前だったけど、
気が付けば無料の試用期間が過ぎて動かなくなっていた。あはは。
コンビニ払いのハガキが届いて入金が終わるまでは動かないのだ。
いやね、大した楽譜は書けないんだけれど、ピアノのタムちゃんから「せめて小節が分かるくらいの物が欲しい・・」なんて言われたもんだから。
当然だよね、今までの「楽譜?」なんて歌詞にコ-ドを付け足しただけで
初めての曲もそれだけ渡して、あとは現場仕事。こりゃ乱暴だわ。
僕が歌う傍から採譜することもしばしば・・タムちゃん、ありがとう。
これからは苦労かけずに済むよ。(ほんとか?)
せめて曲の長さくらいは分かるようにしないとね。(ど、どんな楽譜だ!)
明日はそのタムちゃん宅に押しかけ、アラッキ-姐さんを交えての特訓を予定している。
ケ-キくらいは買って行こうかなぁ?

*背景色替えました*
黒に白文字だと、見終わった後にストライブの残像が発生して白背景の部分がとても見づらくなってしまう。(僕の弱った眼だけかな?)
[PR]
# by hikagenokazura | 2004-11-02 01:45